葬儀編:お通夜から初七日までにすべきコト

喪主

誰が葬儀を取り仕切るべき? 喪主の決め方 葬儀を進行する上で絶対に欠かせない存在、それが喪主です。 通常喪主には、妻や夫など配偶者が務める事例が多いのですが、それ以外では子、兄弟、状況に応じ逆に親御さんというケースもございます。 喪主にはたくさんの役割・仕事が控えており、その全てを一人で行うコトは正直現実的ではありません。 多くの方がこれらを葬儀屋(葬儀社)

続きを読む

ご遺体編:【死亡診断書と死亡届】身内の死、はじめに行うべき手続き

どこでどう亡くなったかで異なる【死亡診断書】の対応 平成31年度版死亡診断書(死体検案書)記入PDFマニュアル 誰がいつ、どういう亡くなり方をしても必要となるのが ”死亡診断書(死体検案書)” です。 これがないとお葬式も、その後の手続きも何も出来ません、キホンのキですね。 但し死亡時の状況や環境によって、その後の手続きとその負荷は異なってきます。 入

続きを読む

遺族が片付けるべきコト 身内の死からお墓までのハウツー

長生き

人間50年から100年 ご長寿国家、でも平均で人の寿命は語れない 2019年、31年続いた平成の世から令和(れいわ)の時代に突入! 平成の期間だけを切り取ってみても、男女ともに5歳以上の寿命の伸びがあり、着実に超高齢化が進んでいる事が分かるデータとなっております。 加えて少子化問題も深刻な為、労働人口不足や社会保障に伴う移民政策や働き方改革など課題が山積みの日本。

続きを読む

物騒な世の中・・ココだけは押さえるべきセキュリティ!!

安全=タダ が崩れてきている?! 暮らしの安全・安全は自分から積極的守って行く時代 ひと昔前の日本とは少しずつ変化しており、予想もつかない凶悪な犯罪が目に付くようになってきております。 防犯意識も高まりを見せ ”自分で出来る自衛策” として警備保障などのセキュリティサービスを利用するお宅も増加傾向 (具体的数字)。 警備保障会社といって反射的に頭に思い浮かぶのは、やはりあの2

続きを読む

介護施設・老人ホームなどの法人様向けサービス

高齢化社会を助ける大きな安心 介護施設の衛生面もサポート 生前・遺品整理を含めた”部屋の片付け”のお悩みを中心とした個人サービスを提供するほかにも、介護施設内の床メインテナンス清掃についても承っております。 大阪市内・府内または奈良市内・生駒市内のご担当者さまは、いつでもお気軽にご相談くださいませ。 ご入居に伴う、転居前のお住まいの片付けについても承っております。 専用ペー

続きを読む

遺品整理よりもダンゼン生前整理(断捨離)が望ましい その理由と実績

遺品整理という言葉は有名になり過ぎて、一人歩きを始めてしまったけれど・・・ホントにそれでいいの?! 当たり前の話ですが、”遺品整理” は自分の死後、第3者の誰かの手によってアナタご自身の財産や品を整理してもらう事です。 一般的なお部屋・お宅から出て来る品物を単に整理するだけなら、ボリュームの多寡による差は生じるものの、作業的にはシンプルです。 ※ここでは蔵に目いっぱいモノが詰

続きを読む

5. 知ってる?! 正しい施設の選び方

自分の求める老人ホームを探し出したいけど、とにかくややこしい・・・ ”老後について考えるべき4つのテーマ” が4つから5つに増えました。 高齢化社会を語る上で、介護サービスは切り離せない問題です・・・でもややこしい・・・という訳で、なるべくシンプルにを心がけて作成しております。 ご覧の上、もしご希望があればコメントをお寄せいただければと存じます。

続きを読む

遺言書の保管方法について

遺言書はこの様に保管しましょう これまで遺言書の書き方、作成方法について述べて参りましたが、既に試してみられた方はいらっしゃるでしょうか? 遺言書の作成後に考えるべき問題として、それを ”どの様な形でイザという時まで安全に保管するか?” という点です。 これにもいくつかの方法があります。 ご本人で保管するケース(自筆証書遺言、

続きを読む

遺言書を委ねて良い人、悪い人

作成した遺言書の執行者を誰にすべきか? ”遺言執行者”とは、あなたの死後、その遺言書に沿ってあなたに成り代わって手続きを行う人を指します。 必ず指定しなくてはいけない事柄ではないものの、家族・親族とはいえ利害関係となる方の間での協議は、揉め事に発展する可能性も否めません。 そんな時、この遺言執行者は相続人の同意に係らず、粛々とスムーズに執行する事が可能となるのです。

続きを読む

兼業農家さんの廃業に伴う片付けと不用品処分 in 奈良県

後継者不在、廃業農家さんの不要品処分のお手伝い 今回のご依頼は、兼業農家を営まれていたお宅から委託された、古くからお付き合いのあるご近所さんを通しての案件(ややこしい・・)で、奈良県某所へ伺い致しました。 米農家を営んでいらっしゃった為、関連道具が大量に処分の対象になります。 こちら兼業農家さん、12年前に跡取り息子を急な病で亡くされ、老夫婦で引き続き管理されていたそうです。

続きを読む

家の安全と耐震補強 まずアナタの自治体の助成金制度を知るべし

こんなブロック塀は危ない!! 被害者・加害者を生まない為にすべきこと 自分で行える簡単なチェック方法について、大阪府が公開しておりましたので、かいつまんでご紹介いたします。 万が一の倒壊事故から防ぎ被害者を出さない事と共に、塀の持ち主が加害者になってしまわない様、対応する為には公的助成を受けられる事も含め最も適切なタイミングでしょう。 コンクリートブロック塀の安全チェックポイント

続きを読む

危険ブロック塀・・ 耐震基準以下の壁は直ちに補助金を有効活用した補強の実施を!!

”安全不適格” な小学校のブロック塀の放置で、小学生女児の命が奪われる 2018年6月18日午前7:58頃、突如大阪を襲った震度6弱という地震により大きな揺れが発生しました。 中でも震源地にほど近い大阪北部に位置する高槻市、寿永小学校のプールを囲う高さ3mを超える及ぶブロック塀が地震によって倒壊し、そこに通う小学4年生の女の子が下敷きになって亡くなるという非常に痛ましい事件となりま

続きを読む