遺品整理・家財整理・生前予約・老後整理について考えてみよう

そもそもアナタは”高齢者=老人”という意識はありますか?

超高齢化の波で人口比率に大きなひずみが生じている日本。

世界的にみても突出した ”長寿国家=老人大国” となりつつあります。

そしてこの現象は年金、医療、介護をはじめ様々な分野にも大きな影響や格差を生み出す原因にもなっております。

実際に65歳以上の高齢者と呼ばれる方々の人口は、なんと3,461万人と総人口に対して3割(27.3%)に迫る勢い

平成28年9月15日 総務省統計局より

モチロン、この数字は主要欧米諸国の中でもトップです。

 

ただし!!

仕事を続けている方も730万人、就業人口全体の比率も11.4%と主要国中ダントツ1位であるのも事実。

 

つまり年を取っていても、元気であるという証拠ですね。

 

昔は65歳といえば老人という感覚だったかも知れませんが、今後2045年頃の未来の日本人の平均寿命は100歳になっているされる予想されております、100歳ですよ!!

 

実際のところ60代、70代の方々を見回しても、非常にお元気な方ばかり。

見た目と実年齢の差は、昔の感覚で考えてはいけないという事ですね。

 

でもただ長生きすりゃいいって話でもありません。

そこに健康が伴っていなくては、楽しい老後とはいえません。

一方で ”まだまだ若い” の過信も禁物!!

アクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込む事故のニュースが目立ってきています。

最悪のケースでは人身事故で何の罪もない尊い命が犠牲になる痛ましい事件も・・・。

 

 

“生前整理・終活” と “遺品整理” にある大きな隔たり

高度成長期を支えた層が年を取り、高齢者の比率が高くなった日本。

そしてその後の景気低迷で給与も上がらず、年金受給も危ぶまれる若年層。

  • 車が売れなくなった
  • ブランド物が売れなくなった
  • ビールが売れなくなった

”若年層はお金を使わなくなった(実は使えないのに)” といわれて久しいですね。

テレビ番組やCMの内容もおのずと最も購買力が高い層=高齢者へと傾いていくのです。

そんなテレビでもよく目にするようになった遺品整理や終活といった用語は、全て高齢者へ向けられたもの。

にわかに市民権を得つつありますが、それらの違いをご存知でしょうか?

今さら・・・と感じられるかもしれませんが、改めて見比べてみましょう。

生前整理 終活 遺品整理
本人の生存中
本人の死後
作業を行う人 本人 本人 遺族・代理人ほか
他人への負担 比較的小さい 小さい 大きい

 

上表の通り、生前整理・終活と遺品整理の間には大きな違いがありますが、生前整理と終活は似かよっているものの、ニュアンスが少々異なってきます。

生前整理とは、その時点における自分と身の回りの整理を、未来に向けて進める事にウェイトが置かれています。

一方、終活は同じ未来でもより ”終わり方” を意識しながら、未来の遺族へのより深い配慮をもって総括する事です。

その意味においては生前整理は終活の一つに含まれると言えるでしょう。

 

立つ鳥跡を濁さず 日本人の美意識

「散り際はキレイに・・・」

「見苦しさを残さず、潔く・・・」

桜が大好きな日本人の心情をよく表した諺(ことわざ)ですね。

この気持ちは当然のように、いやむしろ愛する家族だからこそ更に強くはたらくという事ではないでしょうか?

 

「ワタシの死後、子供や孫たちに迷惑をかけたくない」

「後の憂いなく、スッキリと旅立ちたい」

終活にはこんな思いがいっぱい詰まっています。

 

私の知人にはもう回復の見込みが望めないご主人がいらっしゃいました。

個人事業の経営者だった彼。

生前はいつもニコニコ穏やかな微笑みをたたえ、心優しく自分の信念を貫く強さを持っておられた方でした。

 

残念ながら病には勝てず亡くなられた後のこと。

悲しみの中、遺された奥さまや子供たちが送る準備を始めようとしたところ、ナントこのご主人は既に葬儀から墓の手配・支払いのみならず相続に至るまで、ご自身で完了なさっていたのです。

文字通り身内の誰一人として一切の迷惑や負担をかける事なくご自身の死後、ご遺族の生活まで見通して対応されていた事は、ただ誠実で几帳面な性格というのが理由ではないでしょう。

ご家族に対する深い深い愛情として、最後にしてあげられる贈り物だったのではないでしょうか?

 

終活や遺品整理で皆が困っているこんな事、あんな事

ご自身で終活(生前整理)をスタートしようと考えている方、亡くなったご遺族で遺品整理の依頼を検討中の方、実際始めるにあたり皆さんそれぞれにどうしてよいのか見当が付かない事が多いでしょう。

弊社に寄せられる問い合わせや相談内容でも動機となる理由や原因、質問などで多いものを挙げてみました。

  • 男手がなくて不用になった物を片付けられない
  • 遠方に住まう両親(高齢者)の実家を整理していきたい
  • 故人の遺品を整理したい
  • 仕事が多忙な為、分別や整理が思う様に進まない
  • 遠方に引越した為、空き屋となった家の管理や整理が出来ない
  • 家財道具を処分、または親族などに送りたい
  • 長年放置した部屋の状態がひどく、片付けをお願いしたい
  • 遺品整理後の不動産売却に伴う法律相談・情報がほしい
  • 子供達に迷惑をかけず、生前に整理を進めたい

生前・遺品整理作業事例、または作業記事上では実際のご依頼に基づくケースをご紹介しております。

何をどんな風に扱われるのか?

そんな漠然とした不安があるかも知れません。

「問い合わせにもちょっと勇気が要るなぁ・・・」

という方はまず一度ご覧ください。

作業事例をチェック

 

 

ご遺品の整理・回収

片付けたい想いと、片付けに対する悩みはまさに人それぞれ

弊社は ”片付けのスペシャリスト” として、ちょっとした生活スペースの有効活用目的のアドバイザーから “片付けられない” 等の問題で、ゴミ屋敷(汚部屋)化してしまった住人の悩みに至るまで、幅広いサポートを展開しております。

 

モチロン、終活(生前整理)や遺品整理も例外ではありません。

ご本人、またはご遺族の方々が何をどのようになさりたいかというご希望を伺いつつ、ご提案させて頂きます。

故人の思い出の詰まった品々を、他人に委ねるのは気が進まない
『じっくりと時間をかけながら自分で分別したい・・。』

形見分けも終えた後、たとえ使えない物であっても・・。
『自分で処分する気持ちにはなれない。』

多忙な為、お葬式の後また仕事の戻らなくてはいけないから
『分別から回収まで一切合財を任せたい。』

自分の死後、子供や親類達に迷惑をかけたくないので・・。
『生前から準備を始めたい。』

所有する賃貸マンション、アパートの入居者がお亡くなりになって・・。
『その後のクリーニングについて相談したい。』

大阪府を中心に、京都府・奈良県・兵庫県の一部のエリアより、個人様からマンション等のオーナー様まで幅広いご依頼を賜っております。

故人やご親族の思いを尊重し、ご意向に沿うべく弊社が責任を持ってお引き受け致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

空き屋や故人宅の不用品回収

実家の管理がままならず、不法投棄等のご近所迷惑を避けたい、『庭の手入れや郵便物の処分をお願いしたい』

人の住まない家は傷みやすいので、『第三者に室内の換気をしてもらいたい』

空き巣等に目をつけられたくないので、『定期的に見て、報告を貰いたい』

処分を進めるにあたり、『室内の不用品を回収してほしい』

将来的な維持が困難な為、ご実家の売却に伴い、『処分のみでなく、徹底クリーニングで資産価値を保ってほしい』

『長年営んだ店舗や事務所を整理したい』

様々な状況に応じ、ご希望・ご意向に沿った形で進めて参ります。

 

空き屋の現状について

高齢化が進んだ現代では、全国で約223万戸もの空き屋が存在致します。 

両親から引き継いだ思い出ぶかいお宅も、郵便受けには送付物が溜まり、 庭は荒れ放題、風を通さない室内は傷みが進行する等、 その維持をご負担に感じている方々も少なくありません。

またその様なお宅を狙う不届き者の空き巣・放火など家主の管理責任を 問われる犯罪リスクとも背中合わせとなります。
お悩みの末に現在誰も住まないお宅、生前ご両親が生活されたお宅の整理 および回収のご相談を望まれる方が増えております。
作業例につきましては、画面左上の『作業事例』をご参照ください。

高齢化社会が抱える問題

核家族化や転勤・転属などの都合により、高齢のご両親達と離れて生活する スタイルが主流となった今、豊かさの反面で誰にも看取られる事のないまま他界される、 『孤独死』の増加が社会問題化しております。

2000年度から2004年度までの統計でも、復興住宅などでの孤独死者数は327人にも上り、 今後益々地域社会単位での相互ケアの必要性が高まってきているのが現状です。

弊社では、お見積り(完全無料)から回収まで、
『一切合財を任せたい』や『大切な遺品をご自分で分別したい』 等々、ご遺族のご意向にそった形で進めさせて頂いております。

作業例につきましては、画面左上の『作業事例』をご参照ください。

 

遺品整理後の物件売却に対する疑問・質問

孤独死等による売却時、買い手側に対する告知義務は現在のところございませんが、 買い主様が後に知られて訴訟問題に発展したり、損害賠償を支払うケースも 多いのが現状です。

そういった心配事につきましても十分に注意し、トラブルの発生しないよう 提携会社との充実のネットワークで買主様をお探し致します。
また故人様からの相続登録、相続税等につきましてもお役立て頂けます。

 

コメントは受け付けていません。