空き家のになった吹田市の実家 不用品処分&管理

一軒家玄関T総務省の調べによると、

  • 所有者が分からない
  • 亡くなって、そのご子息等が管理する
  • 遠方に越して住まなくなった

という様な事が原因となり、空き家状態になっている家屋が全国で846万戸に達しました。

平成に入るまでは400万戸以下だったので、直近の30年間で倍増したことになります。

もちろん地域によるバラつきは大きいですが、平均で見ると全体の13.6%が空き家になってしまっている勘定です。

全国の空き家戸数の推移

出典:平成 30 年住宅・土地統計調査 総務省 統計局

そしてこの数字、今後は更に膨らんでいくそうです。

まさに高齢化社会を象徴した流れですね。

 

そこで浮上するのが、家屋の解体、維持、管理の問題です。

放置しておくと、空き巣等の犯罪リスクや庭が荒れ放題、不法投棄の温床になり、ご近所さまにご迷惑がかかったり、頭の痛い問題に発展しかねません。

 

その中でも不審火が元となる火事などは、最も深刻な例で、家主さまの管理責任が問われる事もございますので、やはり定期的に見る、手を入れる事が重要です。

 

吹田市の亡き両親の実家 遺品整理と片付けを

今回は吹田市某所、空き屋の不用品は一切合財回収するというのがミッションです。

吹田市の空き家一階のキッチンの片付け

 

亡くなったご両親の所有されていたお宅です。

ご子息は既に別の地域でご家族との生活を築かれております。

費用をかけてリフォームを施し、賃貸物件として活用する選択肢について、それに見合う価値があるか、また運営にかかる手間ヒマを考えられました。

距離的な問題もあり、なかなかこの物件の管理まで手が回らず、最終的に売却処分なさる判断にたどり着きました。

空き家となり埃っぽい2階の寝室

 

とはいえ放置されていた分、室内は埃っぽく、沢山のモノで溢れております。

何十年もの時間を過ごされたこの空間の整理には、やはりそれに見合うだけの作業が必要ですね、お任せください!

 

コメントを残す