親の遺品整理を終えて、実家の売却処分へ in 吹田市

手のかかる不用品から効率よく片付け

簡単に回収出来るモノは後回しにして、まず取り外しにひと手間かかる家電、ガスコンロなどから撤去を進めていきます。

さぁジャンジャカ積み込んでスッキリさせていきましょうか!

吹田市の遺品整理で出た家電などの粗大ゴミを回収するトリプルエス

エアコンなどは部屋ごとに設置されていますので、全て取り外していきます。

そのなかの1台は非常に年代物でした。

昔の電化製品は総じて『非常に重い』。

でも全く壊れない。

使い続けられる物が本当に多いと感心させられます。

でも最新の家電は技術向上・省エネ化がドンドン進んでいます。

昔の家電と比較するとその消費電力の差がエゲつないんです。

例えばエアコン約40%、冷蔵庫なら約65%もの削減効果、これらを組み合わせると年間の電気代は軽~く1万円以上のコストカットが実現できる計算…すごくないですか?

これだけの結果につながるのは、部品の軽量化は外せません。

…でもね、それは強度を下げる要因にもなってるんです。

試しにエアコンのカバーを開けてみてください、ペラッペラですから。

話が横道に逸れましたので修正。

そんな頑丈な家電の数々の間には余ったスペースには衣料品をクッション代わりに。。

その他、タンスや布団、ソファに、食器棚等々…これ以外になんと2t車が2台満載でようやく収まる量でした。

作業に没頭していた為、他のシャッターチャンスを逃してしまい、残念ながら画像がございません。

でもお部屋の方は

あちらも

不用品回収ですっかり片付いた吹田市一戸建てのキッチン

こちらも

遺品整理でスッキリ片付いた寝室

全5部屋がスッカリ片付きました。

人が生活しないと家は痛みます。

定期的に窓を開け風を通したり、郵便受けの送付物を回収したり、庭の雑草を刈りとったり、簡単な日常のそうじしたり、チェックしてあげないといけません。

この問題はこれから益々増えていくのでしょう。

いずれにせよ実家での生活は出来ないさん。

キレイになった物件の査定を経て、売却に向け不動産屋との交渉を進められるとの事です。

より良い条件で決着する事を祈っております。

前回の記事に戻る

コメントを残す