兼業農家さんの廃業に伴う片付けと不用品処分 in 奈良県

後継者不在、廃業農家さんの不要品処分のお手伝い

今回のご依頼は、兼業農家を営まれていたお宅から委託された、古くからお付き合いのあるご近所さんを通しての案件(ややこしい・・)で、奈良県某所へ伺い致しました。

米農家を営んでいらっしゃった為、関連道具が大量に処分の対象になります。

こちら兼業農家さん、12年前に跡取り息子を急な病で亡くされ、老夫婦で引き続き管理されていたそうです。

 

今回直接の依頼者となるご近所さんは縁があって、こちらの老夫婦のお宅で米農家としての管理を、5年程の間なさっておられました。

「必要な道具はあげるから、持って帰って」
と老夫婦から言われておりましたが、昨年度にそのお爺様が亡くなられたのです。

 

残されたお婆様。

来年は90歳になられるこちらのお婆さま、もう一人で米を作ることが出来る体力がありません。

そんな理由で土地管理を委託されているご近所さんですが、お婆さまご本人はムチャクチャ元気なのです!

 

ただ、広大な面積の田畑なの事に加え、こちらのお婆さま、免許がなく農耕機具に乗れない・・・。

ご主人がご健在の頃には、

  • まだ使える
  • まだ買ってきたばかりだ
  • 捨てる物は何もないから

・・・と溜め込み放題でした。

 

広大な敷地の倉庫と本宅の納屋に老夫婦お二人でしたから、不便も感じられておられず、実際に間借りしているご近所さん共々不便もなかったのですが・・・。

 

田畑を管理されていたお爺さまがご病気で入院後亡くなられから、

「使わない物は全部処分して」

とお婆さまが頼ってこられたのです。

 

全部要らないから、あなたが必要なものだけ自分の倉庫に持って帰って、要らない物は処分して下さいませ

米農家用の倉庫は約40坪
耕運機、田植機、米選機
育苗ケース500枚・・・

いつもやっている作業のハズの【要】【不要】の分別作業を、ご近所さんと共に悩み、迷いつつも進めて行きます。

 

結果、2トントラックに3回往復の【不要】物の処分。
ご近所さんの倉庫に1回持ち帰った【要】物。

写真は各たんぼに設置されていた水の汲み上げ用のポンプやモーターでした。

 

日本全国を見回すと高齢化に加え、過疎化が進む地域が多く、今後さらにこの “後継者不足問題” は深刻化していく事でしょう。

 

コメントは受け付けていません。