生前・遺品整理作業事例

事例1:大阪府内某所での空き家整理および不要品処分

現在は関東地方に住まわれる息子夫婦様より、故人とかつて暮らした大阪のご実家の遺品整理及び不用品処分のご依頼です。

作業当日立ち会い頂く予定でしたが、ご多忙により急遽変更となった為、 整理すべきもの、処分するもののリストを頂き、ご指示内容に従って作業を執り行いました。

後日整理清掃完了後の現場確認を頂き、無事完了致しました。

kitchen_bt1at1

作業対象:一軒家5DK(2階建て)

  • 作業内容:遺品整理、回収及び清掃
  • 作業人員:3名
  • トラック台数:3台
  • 延べ作業時間:12時間(2日間工程)
  • 特記:エアコン室内外機器 3台撤去及び回収

 

事例2:奈良県内某所での独居高齢者物件の不要品整理および処分

奈良県内のマンション不動産オーナー様より、お亡くなりになった入居者のお部屋の遺品整理に関するご依頼です。

身寄りもなくお独りでの生活であった為、その全てを処分した上で簡易清掃、後日改めてハウスクリーニングという作業の流れです。

近年は高齢化が進み、独居生活者様の物件に関する遺品整理やクリーニングのご依頼が多くなっております。

washitsu_by1ay1

作業エリア:所有マンション3LDK

  • 作業内容:遺品整理、回収及び清掃
  • 作業人員:3名
  • トラック台数:2台
  • 延べ作業時間:9時間(1日間工程)
  • 特記:エアコン室内外機器 2台撤去及び回収

 

お電話を頂く前に

遺品整理のお問い合わせにお応えする際、最低限必要となる情報について 大まかではございますが、以下にまとめてみました。

  • 建物の状況(一戸建て、マンション、アパート等)
  • 駐車場やスペースの有無
  • 階層(エレベーターの有無)
  • 部屋数及び部屋の間取り
  • ご希望の日程、候補日
  • その他お客様のご要望、注意点など

完全なお見積りをご希望の方は直接伺うのが一番ですが、 まずは相談したいという場合には弊社サービスプランを組み立てる上で必要な情報となります。

上記のお客様情報より車両や人員数、作業時間、おおよその全体処分量を 想定した概算や目安という範囲でのご説明に留まります。

逆に即答する業者があれば、作業後に追加請求などを行うリスクも充分にあると考えられます。

やはり正確なお見積りを出させて頂く為には『現場』を確認する事が最も重要なのです。

また直接お伺いする事でお客様の疑問点もクリアーになりますので、 お電話でご確認された上での直接見積をオススメ致します。

コメントは受け付けていません。