家の安全と耐震補強 まずアナタの自治体の助成金制度を知るべし

こんなブロック塀は危ない!! 被害者・加害者を生まない為にすべきこと

自分で行える簡単なチェック方法について、大阪府が公開しておりましたので、かいつまんでご紹介いたします。

万が一の倒壊事故から防ぎ被害者を出さない事と共に、塀の持ち主が加害者になってしまわない様、対応する為には公的助成を受けられる事も含め最も適切なタイミングでしょう。

コンクリートブロック塀の安全チェックポイント

  1. 高さ:2.2メートル以下か?
  2. 厚さ:高さ2メートルを超える塀で15センチ以上か?
       高さ2メートル以下の塀で10センチ以上か?
  3. 鉄筋:直径9ミリ以上の鉄筋がブロック内80センチ間隔以下で、縦横それぞれかぎ掛けされているか?
  4. 控壁:塀の長さ3.4メートル毎に、直径9ミリの鉄筋入りの控え塀の高さの1/5以上突出しているか?
  5. 基礎:丈が35センチ以上で根入れ深さが30センチ以上の鉄筋コンクリート造の基礎があるか?
  6. 傾きやひび割れ:全体的に傾いていない、1ミリ以上のひび割れがないか?
  7. グラつき:人の力でグラつかないか?
  8. その他:塀が土止め壁を兼ねていない、玉石積み擁壁等の上にないか?

※大阪府HP ブロック塀を点検しよう より引用

その他鉄筋の入っていないコンクリートブロックを含む組積造のケースの場合など、上記リンクよりチェックを進めてください。

出典:「地震からわが家を守ろう」日本建築防災協会より

自治体も目を覚ました今、補助金活用でブロック外壁の撤去・改修・補強を始めよう!!

人間は忘れやすい生き物です。

しかし反面、このような体験を通じて戒め、改める事は出来ます。

今、倒壊の恐れあるブロック塀に対する助成・補助金を新設する自治体が日本各地で広がりを見せております。

金額・規模・期間などはまちまちなので、各市区町村でお調べ下さい。

大阪周辺エリアの情報については、都度新しい情報を次の項目で公開して参ります。

大阪府(全般)

 

大阪府下(特定行政庁)

一つ一つのサイトを見ていくと、助成金制度が適用される自治体、専用の相談窓口を設ける自治体、特に触れない自治体・・・その対応にも違いが出ています。

被害状況や財政事情も異なるので、優先順位に差が出るのも致し方ないでしょう。

補強工事を検討中の方はまずチェックしてみましょう!!

 

コメントは受け付けていません。