年齢を重ねても必要な若さってなぁに?!

”昔に比べて若い” 反面、 ”若い頃よりも確実に老いが進んでいる” 事も受け入れていく事が重要

見識や経験を積み上げていく事で、人は若い頃よりも ”賢い大人” になっていきます。

でも体力、反射スピード、判断スピードなどの機能面は、どうしても劣っていく事は避けられません。

そして時代は常に進んでいるのです。

常識だって塗り替えられる、教科書の内容だって ”あれは間違っていた” と変更や修正が加えられる事だって実際に起こっているんです。

例えば、

1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府

は1192年に鎌倉幕府が誕生した事を、語呂合わせで覚えやすくした有名なフレーズ。

でもこれすら今はその後の研究の結果、

1185(イイハコ)作ろう鎌倉幕府

として教科書も改められているのです。

実質的に幕府が成立したのが1185年という事らしいですが、語呂はわるくなっていますね(笑)。

 

始末の悪いのは過去の常識や自分だけの経験に基づいて、変化を受け入れる ”柔軟性を失ってしまう” 事!!

コレはもっとも高齢者が時に ”老害” とよばれてしまう大きな原因の一つです。

常に世界には、新しい事には興味を持って接したいものですね。

とはいえどんな方法で新しい情報を仕入れればいいのか?

今はテレビだけではなく、インターネットサイトやSNSなど様々なツールで世界が繋がれ、同時に多くの人々が発信・共有する時代。

分かっていても具体的に何から取り入れれば良いか分からないという方も多いかと・・・。

全てを網羅する事は出来ないものの、これからの日本に大きな影響を与えるであろう情報とそれを発信するキーパーソンなどをご紹介するコーナーも作って行きたいと考えております。

近日中にはブログ記事上で公開出来るのでお楽しみに!!

 

 

コメントは受け付けていません。